みずほ銀行カードローンの審査基準を解説!

みずほ銀行カードローンの審査基準について

みずほ銀行カードローンの審査基準についてです。全てが当てはまるわけではありませんが、経験者の立場から述べていきたいと思います。まずは審査基準として収入が挙げられます。

収入が多ければもちろん借り入れ額が多くなるというのは何となくイメージ出来ると思います。そしてその収入をひとつの目安として考えていきます。

ほとんどのみずほ銀行カードローンが総量規制法という法律に関わってきます。この総量規制法というのは年収(収入)の1/3まで借り入れが出来るという法律です。数年前まではこの総量規制法が無かったが為に借り入れをし過ぎて返済出来ずに破産するという社会問題になりました。

そうした問題に対応するために総量規制法が出来ました。なので自身の収入をきちんと確認した上で借り入れ額を申し込むことが必要です。またその申し込む際にもきちんと収入に見合った申告をしているかという信頼性にも繋がりますので必ず収入の1/3までの借り入れ額を希望するべきです。

みずほ銀行カードローンの審査基準とは

みずほ銀行カードローンの審査基準とはどのようなものなのか?気になる方は多いと思いますが、審査基準というのはあくまで想像であって実際にみずほ銀行カードローン会社はもし審査が通ったとしてもその審査内容を教えてくれません。そして予め「審査内容はお答えできません」と断りを言われます。

しかし想像の中でもみずほ銀行カードローンを申し込んでいる中でも話の端々にそのような内容は散りばめられています。例えば「信用情報機関に問い合わせる」という文言が審査の時に出てきます。

これは信用情報機関という国の機関があるのですが、個人の信用情報が登録されているところです。過去にクレジットカードで返済遅れがなかったか?他社からの借り入れで金銭トラブルになっていないか?等個人の金銭に関わるトラブル等が登録されています。

もちろん借り入れもなく仮に借り入れていてもきちんと返済していれば信用情報に載ることはありません。

こうして審査においては信用が第一なので必ず返済や過去に金銭的に何かあった場合は素直に話す方が良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です