みずほ銀行カードローンを使う時の注意点とは?

借り入れ頻度が多いことは信用度を下げてしまう!

銀行カードローンや消費者金融のカードローンは、利用限度額内であれば何度でも借り入れが可能という点は大きなメリットとなります。

他のキャッシングローンと比べ、都度審査を受けずに済むため、審査落ちというリスクが無くなります。一方で、何度でも借り入れ出来るため、現金が不足した場合、つい頼ってしまうというデメリットもあります。

しかし、より注意が必要なのは、繰り返しの利用は信用度をアップするのではなく、逆に低下させてしまうリスクを伴います。一般的に借り入れし、しっかりと返済をすれば信用度はアップします。

しかし、借り入れ頻度が多いことは、信用度をアップするのではなく、毎月の収入と支出のバランスが悪いと判断されてしまい、返済を滞らせてしまうリスクと捉えられてしまいます。

しっかりと返済を繰り替えてていれば信用度は上がると考えてしまうことは、間違った考えになる可能性があるため、借り入れ頻度はしっかりと管理する必要があります。

特に将来的により高額なローンを検討している、または契約する可能性がある方はカードローンの使用は必要最小限に留めることがポイントです。

カードローンの契約をする際は仮審査と本審査に分かれたものの方が良い!

カードローンの魅力は、スピード審査かつ短時間で現金を調達出来ることです。最近では、銀行口座へ振込で融資を受けられるものも多く、申し込み当日に借り入れ出来るケースがあります。

しかし、審査落ちしてしまった場合、6ヶ月以上は新規申し込みをしても審査落ちしてしまう申し込みブラックとなってしまいます。このような場合、仮審査と本審査に分かれているカードローンを選択することが、重要な判断事項となります。

そもそも、仮審査の場合、申し込み情報からスコアリング審査を行い融資可否の判断を行います。その際、個人信用情報の照会が行われないものもあり、照会履歴が残らないといったメリットがあります。結果、仮審査でダメだった場合は別の銀行カードローンを選択することも可能です。

そのため、申し込みを行う際は、仮審査後に審査結果が通知されるものを選択する他、各種同意事項に個人信用情報の登録が含まれていないか、よくある質問事項で仮審査後にキャンセルが可能かどうかをチェックするのがポイントです。

スピード審査を掲げるカードローンに比べ、契約までに掛かる時間は長くなるものの、確実性を考えるのであれば仮審査は重要なものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です